おすすめ書籍紹介 | 新入社員/若手社員向け

おすすめ書籍

こんにちは。星野です。

最近Twitterの質問箱が活発で、

内定が決まったので入社前に読むべき書籍を教えてください!

コンサル職を目指しているので、おすすめの書籍を教えてください。

といったタイプの質問が多いので、以下分類でおすすめの書籍を紹介したいと思います。今回の記事では「新入社員/若手社員向け」の書籍を紹介したいと思います。

  • 新入社員/若手社員向け
  • 管理職向け
  • エンジニア職向け
  • コンサル職向け

今回書籍を勧めるターゲット

「新入社員/若手社員向け」といってもざっくりしているので、

おすすめするターゲットを簡単に書きます。

  • 社会人として内定が決まっていて時間がある
  • 最近入社した3年目以内の社員
  • ビジネスやITの基礎を知りたい

上記当てはまる方はこの後紹介する書籍もしよかったら目を通してみると

学びが多いと思います。

入社1年目の教科書

1冊目は岩瀬 大輔さんの「入社1年目の教科書 」です。

内容はタイトルそのままですが、実は岩瀬さんは外資系コンサルタントOBなので

アクセンチュアのような企業で、新人研修や最初に上司から教わる内容が書いてあります。

議事録やPowerPointの書き方、コンサルタントの思考法である「雲・雨・傘」など

普通の内資企業では学べない内容がたくさん書いてあるので、

業界/業種問わず、新入社員/若手社員必読と言えます。

※個人的にはどの会社もこの本を入社式までに読ませるべきかと思っています。

多動力

2冊目はホリエモンこと堀江貴文さんの「多動力」です。

ネットワークの発達で日系企業のように、トップダウンで降りてきた仕事を粛々とやれば良い時代ではなくなりました。

今求められる人材は、とにかくすぐ興味をもって手を動かせる人材(=多動力がある人材)です。

大体どの領域の仕事も、3年やれば1/100人ぐらいのスキルがつくので

それを幅広に、手広くすることで、1/100×∞の稀有なスキルを持った人材となります。

本書籍を読むことで既存の仕事のフレームワークにとらわれず、

動き続ける秘訣を学ぶことができます。

会計のことが面白いほどわかる本

3冊目は天野 敦之 さんの「会計のことが面白いほどわかる本」です。

どの会社で働こうと、フリーランスであろうと、財務会計の知識は必須だと思っています。

会社のお金がどのくらい、何に使われているのか、会計の知識があれば読み解くことができます。また、自社だけでなく競合他社や新興企業も会計の仕組みが分かれば、読み解くことができます。自分はいくつか会計の本を読みましたがその中でも一番分かりやすかったので紹介します。

多くの会社が簿記を取らせるのも上記理由です。

資本主義は「ヒト・モノ・カネ」の流れなので、そのうちの「カネ」の流れを知る方法の1つが会計だと思っています。

まとめ

今回はビジネススキルに特化して3冊紹介しました。

今後も新入社員/若手社員向けの書籍があれば随時アップデートしていきます。

 

何か質問があれば、Twitter(@vvvick666)の質問箱まで。

 

 

コメント