ざっくり「7つの習慣」④ 第三の習慣「最優先事項を優先する」

キャリア

今回はざっくり7つの習慣4回目として、第三の習慣「最優先事項を優先する」をざっくり書いていきたいと思います。

前回の記事はこちら。https://wp.me/paDQ0K-3j

第三の習慣「最優先事項を優先する」とは

前回「目的の重要性」についてお話しましたが、今回の習慣は「最優先事項を優先する」ことです。

ざっくり言うと、物事の優先順位を「重要度」「緊急度」のマトリクスで分けて、緊急ではないが重要なことを優先しようね、というお話です。

急ぎではないが人生設計上重要なことを優先的にやっていきましょうね、

例えば資格勉強とか、っていうお話です。

次項以降でやや懇切丁寧に解説します。

最優先事項を優先する~最優先事項とは何か~

この第3の習慣、最優先事項を優先する、というものは一見ありふれたもののようにも見えます。しかし、実は多くの人が時間の管理について大きな誤解をしています。

それは、時間を管理するという発想にとらわれてしまっているということです。時間を管理しようとする人は、

・スケジュール表に隙間なく予定を入れる

・全てのスケジュールを消化しようとする

そうして効率的な毎日を送ることで、バランスが取れ、充実した生活を手に入れることができると信じています。

しかし、スケジュール重視の選択をすると、人生にとって大事な作業であっても時間が来たら終了となり、中途半端に物事が終わってしまいます。

また、スケジュールに空白があると「何をしてもいい自由な時間」と勘違いし、自分の人生の目的とは無関係な時間をダラダラと過ごしてしまいます。

そもそも時間は勝手に流れていくものであり、管理しようとすればするほどあなたは時間に管理されるようになってしまいます。

では、成功者はどのようにスケジュール管理しているのでしょうか? 7つの習慣では、人間の活動を重要度と緊急度で分類した4つの領域で整理すればよいと明言しています。

緊急度:スグに対応が迫られるかどうか

重要度:人生の目的や価値観にとって重要かどうか

ということを意味します。 この2つの軸で分けることで人間の活動を

・緊急で重要なこと

・緊急ではないが重要なこと

・緊急で重要でないこと

・緊急でも重要でもないこと

という4つの領域に分けることができます。 多くの人は、緊急で重要なことに時間を割きます。緊急で重要なのですから当然だと思います。

しかし、緊急で重要なことばかりに時間を割いていては、忙しくて疲れもたまるので結局長続きしません。人生とはもっと長い目で見ていかないといけません。

最悪なのは、日々の電話や会議、重要でないメールの返信など、緊急で重要でないことばかりしている人です。
サラリーマンの仕事は緊急で重要でないことが多発します。仕組み上仕方がないのですが、こういう仕事ばかりしている人は成長がないまま年を重ね、気が付けば年だけとって会社の外では通用しない人間になってしまいます。サラリーマンにはありがちなことなので注意が必要です。

緊急ではないが重要なことが最優先

7つの習慣では、人間関係の構築や健康維持、資格を取得するための勉強や自己啓発など、緊急ではないが重要なことに集中するべきだと明言しています。

もちろん成功者もこの緊急ではないが重要なことに集中することで成功を手にしています。これには、資格の勉強など、緊急で重要なことの準備作業もこの領域に含まれます。

会社での自分の人生の役にたたない仕事よりも、資格の勉強の方があなたにとって重要なことが非常に多いからです。

あなたの行動を、緊急度と重要度に分けてみてください。

そして、緊急ではないが重要なことに時間を割いてみてください。ポイントは、緊急ではないが重要なことに時間を割り当てるために時間を空けるのではなく、先に緊急ではない重要なことを最優先事項としてで実施してしまうということです。

先に、あなたにとって重要なことをやってしまえば、その他は効率よくしたり、妥協したりしてなんとかやり遂げることができます。他のことは妥協してもいいのです。

なぜなら、あなたの人生にとって大切なことではないからです。 自分の行動を、この緊急度と重要度という軸で分類して、あなたの人生にとって大切な行動を選択していきましょう。

まとめ

第三の習慣は「時間で管理するのではなく、優先順位で管理するという考え方」に基づいています。

優先順位の低い、どうでも良い仕事を目標に入れては絶対にいけないということです。 目標に入れていいのは、人生で大切なこと、緊急ではないが重要なことだけです。

急ぎの用事から対応する人生は常に時間に振り回されて終わります。そうではなく、人生において優先順位の高いものを選択し実行することが本当の意味でのスケジュール管理になります。

―――

何か質問があれば、Twitter(@vvvick666)の質問箱まで。

 

コメント